Tokyo Tokyo FESTIVAL|企画公募 採択プロジェクト始動

メニューを開く

PROGRESS

光の速さ -The Speed of Light-
Marco Canale(アルゼンチン)
  • 2021年5月に演劇公演の開催が決定!2021年4月3日(土)チケット発売


    この度、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催するTokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13のひとつ、アルゼンチンの演劇/映像作家マルコ・カナーレが手がける演劇プロジェクト『光の速さ -The Speed of Light-』の公演が2020年5月からの延期を経て、2021年5月に開催決定しました。
    来たる4月3日(土)午前10時よりチケットが発売となります。

    公式サイト: https://tsol.tokyo/

    本企画は公募により集まった東京在住の65歳以上の13名の出演者と共に東京の街をめぐるツアー型演劇です。
    まず、東京に暮らすシニア世代の個人史がパフォーマンスを交えて語られます。そして東京でのリサーチをベースにマルコ・カナーレが書き下ろした、過去・現在・未来の世界が交錯するフィクションの物語を上演します。

    異なる文化や歴史を背景にもつ演出家が出演者たちとの創作プロセスを通して、彼らと“共に人生をみなおす”ことで紡ぎ出された物語です。俯瞰的な視点の歴史や文化、伝統に、そこで生きる個人の思い出や価値観などいくつもの断片をちりばめた唯一無二の“東京”を体感する公演となります。

    また、演劇公演の開幕に合わせて、2019年から演劇と並行して制作した映像作品『映画版「光の速さ」』を、 2021年5月5日(水・祝)より期間限定で無料オンライン配信することが決定しました。

    さらに、東京で暮らしてきた出演者たちが個人史を語る短編動画シリーズ「東京に息づく歴史」(全12本)を4月中旬以降、随時公式サイトにて公開します。

    ●日程:2021年
    5月5日(水・祝)14時
    5月8日(土)14時
    5月9日(日)14時
    5月12日(水)15時
    5月15日(土)14時
    5月16日(日)14時
    5月19日(水)15時
    5月22日(土)14時

    ツアー時間:3時間(予定)
    定員: 各回40名(予定)
    日本語上演(一部英語上演・日本語通訳付)

    ●会場:
    第1ポイント(集合場所): 三軒茶屋駅周辺(公式サイト等にて後日発表)
    第2ポイント(経由地点): 世田谷区太子堂周辺各
    第3ポイント(最終地点): 太子堂八幡神社 野外特設ステージ

    ※徒歩による移動を含む合計3時間程度のツアー型演劇となります。
    ※第1ポイントで集合後10~15名程度のグループに分かれ、スタッフの誘導により第2ポイント(3ケ所のうちいずれか)へ移動。第3ポイントでは再び全グループが集合します。
    ※小雨決行、荒天中止

    ●チケット料金(前売・当日共通):
    一般 ¥3,000
    25歳以下 ¥2,000*1
    高校生以下 ¥1,000*1
    小学生以下 無料*2
    障がい者手帳お持ちの方¥2,700付添いの方1名無料*3
    *1 当日受付にて年齢確認のできるものを要提示
    *2 要保護者同伴
    *3 当日受付にて障がい者手帳を要提示

    ※障がい者手帳をお持ちの方、車椅子やベビーカーをご利用の方および鑑賞にあたって介助を必要とされる方は『光の速さ』公演事務局まで要事前連絡。
    ※新型コロナウイルス感染症対策のため、ご予約時にお客様全員の氏名、住所、連絡先をご登録いただきます。

    ●チケット発売:
    2021年4月3日(土)午前10時開始

    ●チケット取扱:
    ① ローソンチケット
    https://l-tike.com/
    ローソン・ミニストップ店頭Loppi(Lコード:34454)

    ② Peatix
    https://tsol2021.peatix.com/

    ●あらすじ:
    (第3ポイントで上演する物語および『映画版「光の速さ」』)
    能楽師だった夫に先立たれたチヨコ。自分の息子が能楽堂を売却しようとするのを阻止したい彼女に夫の霊が告げたのは、山奥の松の木を見つけ、そこに夫の遺灰を撒くことだった。同時にチヨコは、東京で外国人の演出家がシニアたちとともに創作するという演劇プロジェクトに参加するのだがー……。

  •  
  •  
このプロジェクトのアーティストプロフィール