Tokyo.Tokyo FESTIVAL | 企画公募Tokyo.Tokyo FESTIVAL | 企画公募

MENU

Q&A

プログラム全体について

Q. 公募の趣旨を教えてください。
A. 東京都及びアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)では、2020年に向けて、芸術文化を社会の基盤とする大きなうねりを作り、将来に引き継いでいくために「東京文化プログラム」を展開していきます。企画公募事業では、斬新で独創的な企画や、より多くの人々が参加できる企画を幅広く募り、2020年4月から展開していく「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の中核を担う事業の創出を図るとともに、人々の記憶に残る東京文化プログラムを創り上げ、2020年を超えて、東京がよりクリエイティブな文化都市へとステップアップしていくことを目指しています。

クレジットについて

Q. 「主催」「協力」「企画制作」などのクレジットに名称を入れることは可能でしょうか。
企画が採択された場合、応募者を発案者という形で名称を出してもらえるのでしょうか。
「冠」の形で企画タイトルに名称を入れることは可能でしょうか。
A. 主催は東京都及びアーツカウンシル東京となりますが、応募者については、「企画(発案)●●●」または「制作●●●」のような形で名称を入れることを予定しています。また、自己資金等を含めた企画が採択された場合については「共催」となる場合もあります。ただし、「冠」の形で企画タイトルに名称を入れることは不可とします。

応募について

Q. 1つの応募者(個人・団体)につき、何件まで応募できますでしょうか。
A. 応募数に制限はなく、何件でも応募可能です。
Q. 実行委員会は法人格をもたない任意団体ですが、応募は可能でしょうか。
A. 可能です。
Q. 実行委員会形式の場合、複数の団体に名義が入っていても応募可能でしょうか。
A. 複数の団体に名義が入っていても応募可能です。
Q. 既にアーツカウンシル東京の他の助成を受けていたり、共催事業を行っている団体は、応募条件を満たしているのでしょうか。
A. 同じ企画アイデアでなければ応募可能です。
Q. 新規性をもった全く新しいコンセプトの企画提案でないと採択されないのでしょうか。また、毎年実施している内容で、テーマを本企画公募向けに変更する形でも構わないのでしょうか。
A. 公募の趣旨に基づき、この機会を最大限に活かした、創造力とチャレンジ精神にあふれた企画を求めています。仮にそうでない場合でも応募は受け付けますが、採択の優先度は低くなる可能性があります。
Q. 応募作品の題材やモチーフが東京である必要があるのでしょうか。
A. 応募作品の題材やモチーフ自体を東京にする必要はありません。
Q. 必ず音楽や映像を添えて応募する必要があるのでしょうか。
A. 音楽や映像は参考データで、提出は任意となります。特にない場合は応募用紙の所定欄に「なし」と記入してください。
Q. 一番重視したものについては、どのように記入すればよいでしょうか。
A. 応募書類に記載しているチェックボックスの中から該当する項目にチェックを入れてください。
Q. 郵送の場合、1封筒に複数案を入れてもかまわないでしょうか。
A. 整理上、1封筒に1件(案)で応募ください。
Q. 海外アーティストが応募する際、日本側に受け入れ団体等が必要ですか。
A. 応募の際は、受け入れ団体の有無は問いません。プロジェクトを詰めていく段階で運営事務局と相談しながら制作体制を整えていくことになります。なお契約にあたっては日本国内に所在する団体と契約を行います。

実施会場について

Q. 実施場所はどこでも良いのでしょうか。
A. 原則、都内で実施する企画を募集しています。ただし、都内と地方で同時実施することで相乗効果が見込まれる企画など、東京都及びアーツカウンシル東京が実施する企画としてふさわしいものであれば、都外の実施場所が含まれていても構いません。
Q. ホールでの実施を考えていますが、申込み受付前なので想定でよいのでしょうか。
また、ホールが取れない場合、屋外会場等を一緒に探してもらえるのでしょうか。
A. 想定で構いません。第一次選考通過後、使用可能場所、使用可能時期、使用方法、代替案など、実現可能性の検討を行う中で、事務局と共に実施場所についての調整を行います。庁舎、公園、ホール等の都有施設を実施場所として活用する企画の場合も同様です。
Q. 会場が国立や東京都立の施設でもよいでしょうか。
A. 構いません。

実施体制について

Q. 企画段階で想定していたアーティストが、その後何らかの事情で参加困難になった場合、企画はどうなるのでしょうか。
A. 応募段階ではアイデア重視ですので、第一次選考後もしくは採択後に調整していくことになります。
Q. 行政と組んだ団体でないと応募できないのでしょうか。
A. 個人、グループ 、団体・法人(NPO実行委員会企業等)の方々、基本的に どなたでもご応募いただけます。
国、地方公共団体又は外国政府は応募者になれません。ただし実行委員会の構成メンバーにはなれます。
Q. 大学も応募可能でしょうか。
A. 可能です。

予算について

Q. 対象事業の予算の規模(委託事業費)の想定は?
A. 委託事業費の限度額は、数百万円から2億円を超えない範囲となりますが、協賛金や自己資金など、他の収入を含めた事業規模についてはこの限りではありません。
Q. 採択は何件程度を予定していますか。また、本企画公募事業の総予算額はいくらを予定していますか。
A. 20~30件程度です。本企画公募の総予算額については、約15億円程度を予定しています。(2018年度予算要求ベース)
Q. 制作を第三者に委託する場合、委託費用を事業費に含んでもよいでしょうか。
A. 事業費に含んでいただいて構いません。
Q. 受託した場合、事業費の何割かを前払いしてもらうことはできますか。
A. 現在、前払いについては整備を進めています。
Q. 企画提案時に想定した支出額を減額して採択することはありますか。
A. 受託者と予算について相談することはありますが、基本的に減額して採択することは想定していません。

対象事業について

Q. 対象分野の詳細を教えてください。
A. 音楽・演劇・舞踊・美術・写真・文学・メディア芸術(映像、マンガ、アニメ、ゲームなど)・伝統芸能・芸能・生活文化(茶道、華道、書道、食文化など)・ファッション・建築・特定のジャンルにとらわれない芸術活動(複合)等を想定しています。
Q. 入場無料イベントと有料イベントでは、どちらの実施を想定されていますか。
また、それにより委託金額の上限はどのように増減しますか。
A. 有料イベントでも構いませんが、収益を目的とするものは対象となりません。また、見込まれる収入については事業費にあて、差額を委託費とすることになります。なお、その他の収入により事業費を拡大することは可能ですが、委託金額の上限は2億円までとなります。
Q. 実施完了後、報告書は必要になりますか。
A. 提出していただくことになります。

期間について

Q. 対象期間が2019年秋から開始するものである必要があるのはなぜでしょうか。
A. 2019年秋に開催されるラグビーW杯の頃からオリンピック・パラリンピックに向けて盛り上げを図っていくことを意図しているためです。なお、対象期間に実施する企画であれば、必ずしも2019年秋から開始する必要はありません。

審査について

Q. 審査方法を教えてください。
A. 応募概要に記載されているとおりです。(応募概要該当部分抜粋)
企画の選定にあたっては、外部有識者等による審査会を設け、審査会での審議を経て、決定します。
  • ① 提出された応募書類及び添付資料を、アーツカウンシル東京が事前書類審査を実施。
  • ② 事前書類審査を経た案件について、第一次選考において審査会委員による書類審査を実施。
  • ③ 第一次選考を通過した案件について、事務局とともにより詳細な実施可能性を検討し、第二次選考に向けて実施企画書のブラッシュアップを行っていただきます。
  • ④ その後、第二次選考において、プレゼンテーション及びヒアリングを行い、審議を経て、採択を決定します。なお、委託額等契約に関する詳細は、採択決定後に定めます。
Q. 審査会委員にはどなたが就任されるのでしょうか。また、外部有識者等による審査会委員は何名で、どのような分野の方がいるのでしょうか。
A. 審査会委員については公表していません。今後、どの段階で公表するかについては検討中です。
Q. 第二次選考のプレゼンテーションの方法や時間について教えてください。
A. 第一次選考通過者に改めてご連絡させていただきます。
Q. 第二次選考に向けた実施企画書のブラッシュアップにあたり、費用の一部を助成していただけるのでしょうか。
A. 第二次選考での費用助成は予定していません。
Q. 第二次選考時に落選することもあるのでしょうか。
A. 第二次選考時の落選もあります。

採択後について

Q. 採択された場合、どのようなステップで制作していくことになるのでしょうか。
A. 現在、ステップを整備中です。

その他

Q. 組織委員会が実施する「東京2020 Nipponフェスティバル」とは、どう棲み分けされるのでしょうか。
A. 基本的に「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の企画公募は東京都とアーツカウンシル東京が行うもので、「東京2020 Nipponフェスティバル」とは別々のものです。
今後、採択された企画内容により連携する可能性もあります。